おぼえがき
日常や趣味や萌え話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇佐美

気付けば随分と放置してしまってました。



前の日記以降は「くじら」の最終回描きつつ単行本作業もやりながら
「REDいちご」用の原稿もやってる最中に抜歯して、あまりの痛さに
ごろごろ転がり原稿できなーいと叫んでるうちに本当に締め切りが
危なくなってきたのでまた埼玉まで行ってギリギリまで原稿作業
やって担当さんに原稿を手渡しして謝りつつご飯食べさせてもらって
一息ついて家に帰ってきたところです。


「くじら」の単行本は12月26日くらいに発売らしいです。
どうぞよろしく。




クラナドの感想も書きそびれてしまったなー・・・。
と言う訳でまとめて少しだけ・・・



6話
ヒトデ祭りに笑い転げた。
創立者祭のほかに学園祭もあるなんていいなぁ・・・。年に二回もお祭り~。
結構余裕のある進学校ですね。(学園祭が三年に一回とかかもしれないけど)
渚の演劇部作りに作品内時間が長期でかけられるあたり、とてもよい追加設定
だと感心してます。




7話
堀口さんの作画監督のおかげか、いつも以上にかわいらしいキャラに萌えた。
(深夜三時に壱から「今回の作画がかわいいと思ったら作監が堀口さんだった!」と
電話がかかるほどに)
手足が細っこいのに柔らかいとか、後ろ頭の丸さのバランスがいいとか、
そんな事ばっかり言ってました~。
それにしても小ネタ再現率の高さには本当に感心してしまいますね。
ついに風子マスターになりましたよ!
風子のおっさん呼び・・・いえ、親衛隊呼びもいい感じです。
そろそろ幸せの時間に終わりが見えてきた切ない話でもありました。




8話
風子が忘れられていくシーンはゲームより悲しい感じが強く出ていると思いました。
細かいオリジナル要素が上手く作用してますよね。
この回で風子を最後まで持っていくのかと思ってたので、次回まで引っ張ってくれた
おかげで、いろいろと余裕のある演出に安心しました。
次で風子とさよならですが、また再登場してくれると信じてますよー。
・・・っと言うか幻想世界風景が最初にまとめてやって以降出てないので、
ゲームやってない人はもう忘れているんじゃないかと心配・・・。



ああ・・・あとこのまま公子さんが結婚したら祐介の影が薄いまま「公子の旦那」に
なっちゃう~。
・・・まぁ、朋也と渚の結婚に欠かせない人でもあるので、そのうち彼の設定も
出てくるかな・・・?
バンド名決めるあたりのやりとりは是非とも入れて欲しいです!!





さてさて。クラナドDVDも発売まであと少しになってきましたねー。
とりあえず一・二巻は初回限定を予約しましたが・・・たぶんこのまま最終巻まで
予約すると思います。
DVD届いたら穴が開くほど見てやりますよ!!
・・・まずはそれまで録画した分をエンドレス再生です。

スポンサーサイト

宇佐美

裏の家の駐車場にガンダムがいたので何事かと思ったら今日と明日はお祭りで
その山車でした。
何か、「資料見ながら作ったんだけど作りやすいようにアレンジしまくりました」
的出来上がりだったのでどのガンダムかまでは分かりませんでしたけど・・・。
ガンダムの後ろに立ててある看板にポケモンがみっしり描かれているあたりも
笑いを誘うポイントですよー。

宇佐美

風子と公子



クラナド第5話。
今回も小ネタてんこ盛りでしたねー。
やはり風子シナリオはネタの宝庫ですから元のイメージを崩さずにネタとして
使ってくれるのはうれしいv
朋也には風子マスターになってもらいたいものです。


うーん。
しかし、創立祭のイベントって風子で使ってしまったら渚とか智代とかはどうするん
だろう?
完全に風子シナリオで進めているために演劇部の話も現在ストップ中ですしね。
(そして私が夢見た「風子・友達、渚・恋人」ルートも消えました・・・)
祐介エピソードももしかしてカットされちゃうのかな?


ああ・・・。
でもアニメ見ながら「ここでちゃんとフラグ立てておかないとアフターシナリオで
ハッピーエンドルートに行けないんだよー!」とか考えてしまいます・・・。
アニメはアニメのストーリーで楽しみたいので、最後にハッピーエンドにたどり
着けるならどんどんオリジナルエピソード入れて欲しいとも思っているのですけどね。
さて、来週はことみが出てくれるといいな・・・。





今日も昨日に引き続き鍋を食べました。
やっぱり買ってきたネギ見て踊りたくなりましたがガマンしました。
これから鍋シーズンだというのに、ネギ見るたびに踊りたくなるのでしょうか・・・?
それはイヤだな。

宇佐美

今日の初音ミク。
ネギを持って漢らしく踊るミクを鑑賞後「ちょっとHなオリジナル曲3・
私は人間じゃないから」を聞いて「ネタ系?いや、生々しい中にも
切ない感じが・・・と思ったら最後のフレーズ怖えぇ!!」とかやって
ました。
晩御飯が鍋だったので買ってきたネギを見て踊りたくなりましたが
さすがにガマンしましたよ。

プロフィール

壱と宇佐美渉

Author:壱と宇佐美渉
壱(姉)と宇佐美渉(妹)の日記など。

くわしくはカテゴリの自己紹介から。

現在コメントへの返信はしていませんが、すべてちゃんと読ませていただいています。
ありがとうございます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。